Your products
No items in your shopping cart.

Lascal BuggyBoard®: 起源と商標


BuggyBoardという言葉は、Lascalの創設者であるJoran Lundhによって1998年に登録されたユニークな用語です。これは当時スウェーデンでのみ販売されていたståbrädaという製品の新バージョンを表すために使用されました。新製品は、さまざまなタイプのベビーカーやベビーカーの直立部に取り付けられるユニバーサルな取付具を備えており、幅広い車両に使用することが可能でした。

Lascalは、BuggyBoard®を製造・販売する最初の企業であり、すぐに世界中で人気のある製品となりました。実際、1999年から2003年の間、Lascalは立ち乗りボードのほぼ唯一の製造業者であり、その後、いくつかの企業が類似の製品を製造し始めました。これらの企業の一部は、自社の製品が本物であると消費者に信じさせるためにBuggyBoard®という名前を使用しようとしました。

しかし、実際にはLascalがBuggyBoard®の創始者であり、商標の独占権を持っています。これは、製品の英国での販売実績、1998年のBuggyBoardのオリジナル画像、および「BuggyBoard」のGoogleでの検索結果の多さから明らかです。

「buggy」という言葉にはさまざまな意味があることを考慮すると、"buggy"と"board"の組み合わせから製品の使用方法がわかるわけではありません。言い換えれば、BuggyBoardはLascalが所有するユニークで特定の商標です。

Your products
No items in your shopping cart.
ニュースレターに登録する
ニュースレターに登録してヒントやコツを入手し、新製品についていち早く知りましょう。
カスタマーサービスへお問い合わせ
ご質問やスペアパーツがご必要の場合は販売元へお問い合わせください。
カスタマーサービスへお問い合わせ
弊社ソーシャルメディアをフォローする。